事業の強みと弱みを把握するためのSWOT分析

事業の強みと弱みを把握するためのSWOT分析

要はこの4つの要素をがっしりと考えることが、マーケティングの基本といえます。ここでは、マーケティングの基本のひとつである「4つのP」について簡単に紹介します。

一言でマーケティングといっても幅広く多岐にわたります。「強み」「弱み」「機会」「脅威」をマトリックスで組み合わせてみると事業を進めて行く上で4つの戦略を取り得ることがわかります。

事業を進めていくうえで重要なのが、マーケティングです。この「4つのP」と合わせて検討しておきたいのが、「事業の強みと弱み」を把握するための「SWOT分析」です。

それぞれの頭文字を取って4Pと呼ばれるもので、マーケティングの基本要素とされます。つまり、優れた「製品(もしくはサービス)」に、適正な「価格」をつけて、適切な「場所」で販売し、効果的な「販売促進」を行なうこと、これら4つの要素を最適に組み合わせる「マーケティング、ミックス」を行なうことがマーケティングのポイントとなります。

SWOT分析では、事業の持つ有利な要素を「強み(Strength)」、不利な要素を「弱み(Weakness)」として、あなた自身と事業を取り巻く状況で、有利な要素を「機会(Opportunity)」、不利な要素を「脅威(Threat)」として、はっきりさせていきます。4つのPとは、製品(Product)、価格(Price)、場所(Place)、販売促進(Promotion)の4つをいいます。

それぞれの頭文字を取ってSWOTと呼ばれています。ビジネスを進める上で、マーケティングの重要性はよくいわれることですが、実際には何を如何すればいいのか、よくわからないものです。